勃たない日々に終止符をうつ!最強のカマグラゴールドを通販で   >   カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの副作用

白衣の医師が人差し指を立てている

医薬品であれば必ず副作用があります。ED治療薬はとくに副作用発症の確率は高く、ほとんどの方が副作用発症の経験があります。だたしそれはほとんどが軽度のものです。

カマグラゴールドも例外ではありません。カマグラゴールドには血管を拡張する作用があるため、それに伴った服作用が存在します。

主に上げられるのが頭痛、めまい、動悸などです。これらの症状は時間の経過とともに落ちついていく事がほとんどです。

ですが稀に、重篤な副作用を引き起こす場合があります。症状がだんだん酷くなる、身体が辛い、明らかに体調がおかしい、などあればすぐに医療機関を受診し、医師の診断を受けましょう。

カマグラゴールドは50mg、100mgの錠剤があります。100mgは日本人にとって成分が多いのでピルカッターなどで半分にカットする必要があります。65歳以上の高齢者男性が服用する場合は25mgにして服用してください。50mgであれば半分に、100mgであれば4分の1にカットすれば利用できます。

カマグラゴールドの服用感覚は24時間です。薬の持続時間は5時間ですが、効果が切れたからといって追加で服用するのは危険ですので気をつけましょう。

また、カマグラゴールドには併用禁止の薬があります。硝酸剤などのニトログリセリン、不整脈患者が使用するアンカロン錠を日ごろから飲んでいる方はカマグラゴールドを利用する事ができません。
その他にも普段飲んでいる薬がある方は自己判断せず、利用の際は必ずかかりつけの医師に相談してから使用するようにしましょう。

副作用や正しい利用法を知ることが大切です。副作用などは利用する全員に可能性があるものなので、頭に入れておきましょう。